某バイク店で半年前に250㏄のバイクを買ったのですが、やっぱりもっと大きな排気量が欲しいと400㏄クラスに乗り換えたくなりました。

車検が無いのでと選んだのですが、考えてみればユーザー車検なら安く通せるし、2年に1度なのだから、維持費はそんなに変わらないかもと思うようになったのです。それに、400㏄のほうがやっぱり友達と走っていても無理なくて良さそうです。周りには大型もいますからね。

所有期間が半年でも買取額が大きくダウン

それで購入店にバイクを持っていきました。半年しか乗っていなかったので、走行距離は購入後3000㎞くらいしか増えていません。メンテナンスもほとんどする必要がなく、購入後初回点検と3か月点検、プラグとオイルの交換くらいでしたので、購入時とほぼ変わっていませんでした。

もちろん事故や転倒も無く、むしろ暇さえあれば磨いていたので綺麗になったんじゃないかなってくらいです。

ところが、査定の結果は購入した金額の3分の1にも届きませんでした。思わずその結果に、「半年しか乗ってなくてもそんなに安くなってしまうのか」と聞いてしまいました。

お店側の事情を聞いたら、納得できそうな理由ではあったものの、それでも安すぎたことにショックを受けて、手放して乗り換えようとまでは決断できませんでした。下取ならもう少し高くできるとは言われたものの、今すぐ乗り換えるお金もありませんので、検討しますとお店を後にしました。

別のお店や買取業者で査定してもほぼ同じ結果に

しばらくして、「あの店だったから買取が安すぎたのではないか?」と、別のお店や買取業者に査定してもらいました。

そしたらもう少し高く買取できるところを見つけたものの、まだそれでも安い気がして決断力に欠けました。決断力に欠けてしまった理由は金額だけじゃなくて、いずれ400㏄のバイクに乗り換えるにしても、しばらくバイクが手元にないことに我慢できるかという不安もあったからです。

今の給料でのバイク貯金を考えると、次に欲しいバイクは新車ということもあって、最低でも半年は我慢しなければいけません。その間、バイク無しで生活するのが我慢できるか、ちょっと自信ありませんでした。でも買取は早い方が高く売れるだろうということであちこち査定してもらったのですが、そうでもなく悩んでしまったのです。

半年後の下取用としてとっておくことに

結局、バイクはまだ売らず次のバイクを購入するときの下取用としてとっておくことにしました。とあるお店で買取査定を受けたとき、「うちなら半年後でも走行距離がよっぽど伸びなければ査定に響きませんよ」と言われたのも決め手でした。

今のところは一応、そちらのお店でお金が貯まったら下取用として手放そうかというのが一番損をしない気がします。