バイクを売ろうと決めて、買取先としてまず候補に浮かんだのは購入店でした。

私がバイクを買った店はチェーン店ではなく小さなバイク屋さんで、とても親切にしていただいたのと欲しかったバイクが安く売っていたのが理由でした。

購入後もメンテナンスやお店企画のミーティングやツーリングに参加して仲良くさせていただいていたこともあり、最後もここでと決めました。

プライベートでも仲良くしている購入店でバイクを売る

小さなバイク屋の良いところは、アットホームなところだと思います。

こういうことは大手チェーンには中々できないことで、例えばそこの店長は店を自宅にもしていたので、休日になにかトラブルが起きて連絡したら、休日返上で対応してくれもしました。

バイクを切欠に、それ以外のプライベートな付き合いもするようになりました。

そうして仲良くさせていただいていたのですが、転勤で遠くに引っ越すことになり、バイクは持っていくことを検討はしましたが、悩んだ結果、手放すことにしたのです。

正直、時間や体力的にもバイクの維持は難しくなってきていた、というのもありました。

最後は、付き合いもあったため購入店にというのもあり、また、事前に「売るときは持ってきますので」と約束していたのも理由にありました。

査定は低かったが付き合いで買取へ

そうしてバイクを購入店に持ち込んで買取査定をしてもらったのですが、思っていたより安かったことに、口には出さないものの、がっかりしてしまいました。

というのも、参考程度にとネットでいろいろと自分のバイクの買取事例やオンライン査定をチェックしていたためです。それらより、確実に低かったのです。

店長もあまり高く買取できないことを申し訳なさそうにしていました。いろいろとお店にも経営の事情があるみたいでした。

ここで私がその店の常連じゃなかったら断ったかもしれませんが、やはり付き合いがあったことを優先して、査定額については何も触れず、にこやかに買取してもらいました。

買取価格を優先するなら付き合いで売るべきじゃない

お店に非が一切あるわけではありませんが、お金というのは人間を冷静にしてしまうなと思った買取体験となりました。

引っ越しで思いのほか出費があったこともあり、バイクはできるだけお金になって欲しかったとひそかに思っていました。

お金を優先するのであれば、他方で買取査定を受けるべきだったでしょうね。

付き合いを優先するか、お金を優先するか、馴染みの店があって買取時に悩んでしまう方は、少なくないんじゃありませんか。