バイクに乗る頻度が極端に下がってしまって、手放したいとまで思うようになったのですが、しばらく悩んでいました。原因は売ってしまうのが勿体ないというのではなくて、ローンの支払いが終わっていなかったので、買取してもらってよいのかというものでした。

「ローン中だから売れない」ということはないとしても、売る場所が限定されたり、評価に下がるんじゃないかと心配だったんですよね。

ローンが残っているので購入店で買取してもらうことに

とりあえず、ずっと悩んでいても話は進みませんので、そのバイクを買った購入店に買取の査定をお願いしたのでした。購入店でローンを組んでいたので、そこで売るのが確実かと思いました

「まだローンが残ってるんですけど」と顔なじみの店員さんに言ったら「飽きちゃいました? 乗り換えますか?」と言われ、苦笑いで答えました。飽きたのは確かでしたから、たいへん恥ずかしかったです。ただ乗り換えはしばらく検討です。お金、ありませんので。

バイクを売ればローンもなくなって楽になるかと密かに期待をしてました。しかし、査定は予想よりも低くて、それをローン返済に充てても完済はできませんでした。それでも買取はできると言われたのですが、バイクは売ったのにローンだけ残るという惨めな結果になるならば、まだ乗っていようかとも考えてしまいました。

でも、乗るならお金はなおさらかかるということで、諦めて売ることにしました。

ローンが残っているバイクは売りにくいと誤解していた

この買取を後悔したのは、少し後のことでした。
ローン中のバイクであっても、普通に買取してくれる業者があったと知ったのです。

ローン中のバイクでも売れることはある程度分かってました。ですが、買取金額でローンが完済できなければ買取してもらえないと私は思っていたんです。ところが、ローンの組み換えサービスを利用できる買取業者なら、完済金に到達できなくても売れるというのでした。

それどころじゃなく、なんだか別の所で売ったほうが、高く売れた気さえしてきて、なおさら後悔しました。売ってからずっと、「なんか安すぎた気がするな」と思っていたんですよね。

ダメもとでも、いくつかの業者で検討してみればよかったです。

ローン中のバイクでも複数の買取業者を検討すべき

同じようにローン中のバイクを売ろうとして困ってる人がいたら、購入店に限らず複数で査定してもらったほうがいいと思います。最終的に購入店で売るとしても、他店での査定結果を伝えると買取額をアップしてくれるというケースもあるみたいですからね。

とにかく私みたいに先を急いで決めつけてしまうことは、楽だけど損をしかねませんからね。