インクラ(スズキのイントルーダークラシック)を売ることに

画像引用:wikipediaより

ハーレーを維持するためにインクラ(スズキのイントルーダークラシック)を手放すことにしました。

最初は中型のインクラを手放さなくてもハーレーを維持できると思っていたのですが、やはりお金がかかって難しいと思い至りました。キタコロックなぞを買ったのが大きくて、盗難防止関係だけで20万円以上使ってしまいましたからね、インクラの保険や車検にお金をかけるのが難しくなってしまったのです。

それにしっかりロックをかけるにはハーレー1台を置くのでやっとということもあって、やはり手放そうかと悩んでしまったのでした。

走行距離が多いインクラでも査定したら意外と高く売れるかもしれない

手放そうということで、まずはお金にはなるだろうからと買取を検討しました。ですが、走行距離は4万キロ近く、外観は綺麗な方とは思いますが価値が出にくい状態なのは確かでしょうから、足元見られて買い叩かれるのではと心配なところはありました。

それに二束三文でしたら、なんだかんだと思い出も多いバイクを手放すほどではないかとも思うことですし。

でも、意外と高く売れる可能性もゼロではないでしょうから、やってみなければ分からないということで、一度買取の査定をお願いしてみることにしました。一応ネットで調べてみたら、どこの買取業者かは分かりませんが事例がいくつか出ていて、走行距離が多いインクラでもそれなりに高く売れていることもあったので、もしかしたらと期待しました。

やはり・・・厳しい買取査定金額の結果

買取先はスマホで見つけた買取専門業者の便利な出張買取にしました。その辺のバイク屋に持ち込んでもらうより、買取専門業者の方が高く売れそうな気がしましたので。それに車検が切れていて乗れないのも出張買取を選んだ理由です。わざわざ仮ナンバーを取得してまでお店にもっていくのは面倒ですからね。

そうして来てもらった業者に査定してもらったのですが、やはり結果は厳しい物でした。まったく金額がつかないというものではありませんでしたが、思っていたより低くて予想の半分くらいでした。

理由はやはり走行距離で、4万キロ近いとなると購入者はほとんどいないみたいで、それを言われてしまうと納得せざるをえませんでした。

ハーレー購入時の下取りで出しておけばよかったと後悔

はっきり言って査定の結果は二束三文で、それでも手放すことにしました。持っていても乗らずお金がかかるだけでしたので。思い出深いバイクも結局はお金を考えるとあっさりとお別れです。

しかし、こうも安く手放すことになるならば、今回の買取結果の倍以上の値段を付けてくれた、ハーレー購入時の下取で納得しておけば良かったです。あのときはまだ勿体ないと思ってしまい断りましたが、そうすればこうも損したような気にならずにすんだでしょう。