バイクを手放すと決めたものの、不安がありました。

だって、周りの友達が「思ってる以上に安いかもしれないよ」とか「いろいろ言って売らせようとするよ」とからかうのでしたから。

それで、出張買取当日に電話してみた特に仲の良い友達に不安だと伝えたら、付き添ってくれる、ということになりました。

もうXJR400Rには乗ってないし金欠だから売ることに

バイクを売る理由は金欠でした。自分では計画的な人間と思っていたんですが、結構使ってしまうんですよね。

クレジットカードの請求がちょっと心配になっていたし、クルマの車検も近づいていて、あんまり乗っていないバイクを売ることにしたのです。

いずれまた乗りたくはなるんだと思いますけど、しばらくはいいし、別のバイクも乗ってみたいことだから、ここでいったん降りると決めたわけです。

車両はXJR400Rです。中古で購入して3年くらい乗りました。

車検は一回通して、走行距離的には1万キロちょっと乗りましたので、まずまず楽しんであげられたかとは思います。

ちなみにですが、もう4気筒はいいかなと思いました。400㏄とはいえ重いし早いです。

次は250㏄の単気筒でいいかも。その方が維持費的にも安いですしね。

まぁ、ずっとそれは先のことと思いますけど。とりあえずは買取してもらうのが先の話です。

XJR400Rの査定額がいくらになるか話しながら業者を待つ

買取方式はいわゆる出張買取です。友人と一緒に業者を待ち、あれこれどうすれば高く売れるかなんて楽しく相談していました。

一人だったらドキドキだったでしょうね。初めてだし、業者に強気な姿勢でこられたらどうしようかとも思いましたし。

そんな一人だったらの不安はまったく必要なく、訪れた業者の方はえらく愛想の良いおじさんでした。

バイクの状態は良かったと思います。立ちごけは一回ありましたがエンジンガードにしか傷はつきませんでした。

ワンオーナーの中古車で私を含めて2人。

年式も高年式なので綺麗です。もちろん走行も全く問題なし。

業者もそれを理解したんでしょうね、「大切に乗られていたようで」と言ってくれました。これは結構高く売れるんじゃないかと期待しました。

事前査定通りの買取金額で安心した!

査定結果はというと、事前にその業者から聞いていた査定額と同じ金額で、それは十分な高価買取でした。

友人曰く、普通はそこからマイナスされて安くなってしまうらしかったのですが、そんなことはありませんでした。

業者に尋ねたら、「それは新車同様の事前査定と比べた場合ですね。うちは実際に買取する車両の情報をもとに事前査定をお伝えしていますから、今回のように事前情報と相違なければ金額は下げませんよ」とのことでした。

友人に付き添ってもらって万全の対策をしていたので、拍子抜けでした。もちろん、拍子抜けして結果的には良かったですけれどもね。