バイクって定期的に新モデルが登場するから、人気バイクでも古モデルは急に価値が下がってしまうことがあって、僕が買ったPCXもまさしくそれでした。

もう、街中で新型とすれ違うだけで、なんだか賞味期限切れのスクーターに乗ってるみたいで勝手に嫌な思いをしていました。

それが一番の理由ということじゃないんですけど、理由の一つとしては十分にあって、手放すことにしました。

買取業者に聞いてみたらやっぱりPCXの値段は低い

あるお店に持ち込んで買取査定をしてもらいました。結果は散々たるもので、売るかどうかを悩むほどでもありませんでした。

自画自賛ですが、新品同様に綺麗だし全然走ってないのに、驚くくらい低い金額にしかならなかったのですから当然です。

「どれくらいまでがんばれますか?」と半ば腹を立てて聞いてみたら「うちではこれ以上は無理です」とのことで、そこでは売りませんでした。

理由はやはり、新モデルが登場したためです。

新車で買うなら当然みんなが新モデルですし、中古で買うとなると、安いに越したことがないのでもっと程度が悪いものを欲しがるみたいなんです。

つまり、中途半端に綺麗で状態の良い旧モデルはその店にとっては置きにくい商品だったのでしょうか。

それにしても、安すぎたと思います。お店的に欲しくなかったんでしょうかね。

ネットで見つけた買取業者で査定すると倍近い買取結果に!?

他のバイク屋でも査定してもらったら、もっと高く買取できるところはありましたが、それでも自分的には安いと思いました。

そこで周りのバイク屋に売ることは諦めてネットにある買取専門業者に売ろうと決めました。

ネットで調べていたら、高価買取事例がたくさんあったし、PCXも高くたくさん売れていたんです。

いくつかの業者をピックアップして、そこから一つ選んで出張買取をお願いしました。

そしたら結果はびっくりしましたね。最初の査定額から交渉を重ねて上がったのですが、最終的には一番最初に査定してもらったバイク屋の買取額の倍近くになったんですよ。

これでもかってくらいの差に驚きました。

売る場所によってこれほど違うのは、それはお店のシステムの違いなんでしょうけど、知らずに売ってしまったら、売る側としたら大変後悔ですよね。

旧モデルのバイクだから価値が低いとは限らない

参考までに業者の人に聞きました。新モデルが登場すると旧モデルはやっぱり人気が一気に落ちるのは事実だそうです。

でも、PCXのように原付クラスは比較的下がりにくいとのことで、実際は旧モデルでも売れるんだそうです。

むしろ旧モデルのデザインが好きという人もいるみたいで、むしろ賞味期限切れの方がおいしいこともあるとか。

バイクの売れる売れないって単純じゃないんですね。