ホンダのCB750を出張買取へ

画像引用:wikipediaより

初めての大型バイクで購入したホンダのCB750。はじめはカワサキのW650を考えていたのだけれども、教習所での乗りやすさに感動して浮気してしまった。結果、これで良かったと3年ほど付き合っていたのだが、引越に伴ってお別れすることにした。引越し先のマンションにはバイクを置くスペースが無いのだ。

正直言うと、仕事も充実してきて他の趣味にもお金を使うようになって、バイクをいったん降りようかとも考えていた。丁度良い機会になったなと考えるようにした。

買取業者は友人に勧められたところを使うことに

買取は友人に相談して勧められた業者を選んだ。友人が言うには、手っ取り早く買取してもらうには出張してくれる買取業者が一番便利なんだそうな。

それは高く売れるに越したことはないのだが、実のところ引っ越しまで期間が迫っていて時間的に余裕がなかったのだ。まだまだ全然乗れるし、買取してもらって誰かにまた乗ってもらえるだけでも、良いということと思うようにした。

簡単にネットで業者を調べてみたら、随分と業者の数があって、一人で選ぼうとしたら大変だったかもしれない。そうすればどこが一番買取してくれるか分かるのだろうから、時間がある人はそうしてもいいと思う。でも私の場合は先に言ったように時間がなかったので、厳選することはしなかった。

初めてのバイク買取(出張査定)を体験

思い返してみればバイクの買取をしてもらうのははじめてだった。CB750に乗り換えたときは下取だったから、多分、買取よりは高く買ってくれたんだと思う。だから、買取となると安くなるイメージが最初はあった。それに急ぎとなれば足元を見られるのではという心配もあるし、いずれにせよ、それくらいのリスクは念頭に置いて査定をしてもらった。

査定は出張査定で、引っ越し前のアパートまで来てもらった。業者のトラックが来てアパートの駐輪場の邪魔になってしまったので、多少場所を移動した。出張査定の業者が言うには、「共同住宅の場合はコンビニなどの広い駐車場を指定してもらったほうが他の住人の迷惑になりませんよ」とのことだった。

他にも、査定前には洗車をして、ノーマルパーツがあれば用意したほうがいいなど、ポイントをいくつか教えてもらった。はじめてだったので申し訳ないことばかりだった。

忙しい人には出張買い取りはおすすめだった

出張査定の査定結果はというと、事前に相場なんて調べてなかったから高いか安いかは分からなかったけど、「これなら売ってもいい」と納得できる金額だった。後で人に言ったら「もっと高く売れたよ」とは言われたが、急いでいたし、業者側の手間を考えれば妥当だと自分的には思った。

何より、こちらは電話かネットで連絡するだけで買取に来てくれるのが本当に助かった。引っ越し3日前という大忙しの合間に買取してくれたし、現金も手元にすぐ入ったのでそれを新しい家具資金にもできた。忙しい人には出張買取はお勧めだと思った。