タダで譲ってもらったホンダ・エイプ100の買取結果が意外なことに

画像引用:wikipediaより

結婚してバイクを降りたけど、3年経ってまたバイクに乗りたい気持ちが高ぶりました。ただマイホーム貯金のためバイク資金なんてまったくない状態。
そこに友人から声がかかって、ホンダのエイプ100をタダで譲ってもらいました

でもこれがいけなかった。中途半端にバイクの面白さを再発見してしまったものだから、結局自分でバイクを買い、エイプは不要になりました。

譲ってもらったエイプ100は友人に返さず買取へ

エイプはもらいものなので友人に返そうとしたのですが、「邪魔だからいらない」とのことでした。だったら売ればいいと伝えましたが、名義変更が億劫ということで、たしかにそれは納得でした。それに「売ってもろくなお金にならないだろう」とも言われました

彼が購入したのはエイプが発売してすぐのことでしたから、このときで12年くらい経ってました。結局、友人に「売ってお金になったら懐に入れちゃっていいよ」と言われ、僕が買取に出すことになりました。

ネットで複数サイトの一括査定なんかを利用してみました。12年経ったエイプでも意外と良い値段が出てきて、高いところだと10万前後もありました。でも実査定で下がるだろうってのは買取話を聞いていて分かっていたので、期待はせずお願いすることにしました。

場所を気にしてコンビニで出張査定

買取査定は出張で、自宅から少し離れたコンビニで待ち合わせしました。アパートの駐車場でも大丈夫だったのですが、もし人の出入りがあったら迷惑ですからね。コンビニで待っているとバイクを乗せられるトラックで査定員が到着。当たり前ですけど買取して持ち帰る気満々です。

査定は意外とシンプルで、そんなもんで判断できるのかと不思議でした。外装をチェックしてエンジンの状態を確かめはしましたけど、ブレーキがどれだけ効くかとか、ハンドルにぶれはないかとか、逆に気になってしまいました。買取後に何か言われて返金をお願いされるのではとも思ってしまった。

でも、プロがすることですから余計なことを気にする必要はないだろうと、口にまではしませんでした。

意外と高価査定!ミニバイクはユーザーの幅が広く人気が高い

簡単にしか見ていないようで、ちゃんとやっぱり見ていたようでした。どのあたりがマイナスになるのかと逐一説明してくれて、どれも自分が気にしていたところと同じでした。フロントフォークのシールやチェーンなど、消耗品はほとんど交換が必要みたいでした。

当初の査定からは大きく下がってしまうとは言われましたが、思っていたより全然高かったです。

ミニバイクは老若関わらず人気が高いんですって。金額を電話で友人に伝えたら驚いて、「もっと上がるんじゃないか?」なんて言われましたが、コンビニで若干人目が気にもなっていたので、そのまま了承して買取となりました。お金は友人と折半しました。さすがに一人で懐に入れてしまうには悪い気がする金額でしたからね。