周りの影響でバイクを買いました。クォータースポーツのスズキのGSR250Sです。

周りの影響程度の愛着だからか、ふとしたことで、無くてもいいかと考えてしまいました。

子どもとテレビを見ていて、バイク事故が特集されていたときです。怖そうにそれを見ていた子どもに、怖い思いをさせないかと考えたら、売ってしまおうかとも考えたのです。

ネットでバイクの買取広告を発見!

売ろうと決める思いを強めたのは、仕事でパソコンを使っているときにたまたま、インターネット上でバイク買取の広告を見つけたことでした。

仕事中といっても結構暇なものなので、時間つぶしにと自分のバイクをオンライン査定してみたり、買取業者を検索したりして、「意外と高く売れるんじゃん」と嬉しくなって、しばらくして選んだ業者に買取の依頼を出していました。仕事中にも関わらず何をやっていたんでしょうね、まったく。

いろんな業者に見積もりしてもらったんですけど、意外と値段差がありました。

業者によって買取に強い車両の傾向が違うのでしょうか。それとも、高いところは見せかけで、本査定になると下げられるのではとも考えて、いろんな考慮の上で業者は選びました。

でも、走行距離は1万キロにも届いていなかったし事故や転倒による傷もゼロです。自分では高状態だったので、そんなに下げられることはないだろうと自信はちょっとありました。

クォータースポーツは人気が高く売れやすい!

どうやったら高く買取してもらえるかを調べて、とりあえず洗車だけは完璧にやっておきました。

あとナビホルダーやボックスなどのアフターパーツは外して別途中古パーツ店で売ることにしました。

ETCだけは自分では外せなかったのでそのままです。でもETC付きの方が高く売れやすいと耳にしたので、これは別によかったです。

さて、自分なりのバッチリの対策をしたうえで、業者の方に見てもらったら、綺麗なバイクと喜ばれました。

そもそもGSR250Sのようなクォータースポーツは中古車需要が非常に高いと言っていました。

確かに維持費は安いしちゃんと走るし高速も乗れるし、私もそういう理由でこれに決めたんですからね、言われて納得です。

予想よりも高い買取額でそのまま買取を了承

査定で出ました金額は、「え? 本当に?」と、なんだかCMみたいな反応をしちゃいましたが、本当に驚いてしまったくらい高かったです。

金額が低くてそこから交渉する段取りはワンセットで考えていただけに嬉しい誤算でした。

もう十分だなという金額だったので、余計な交渉はせずそのままお願いしました。

やっぱり人気だったんですね。私の車両を含め、250㏄クラスのいわゆるクォータースポーツは買取需要が高いようです。

持て余している人は査定してみたら結構高く売れるかもしれませんよ。