59歳男性、会社員です。54歳で大型二輪を取得して、高校生以来二度目のバイク人生をスタートさせました。売った車種はHONDA CBR600RRとSUZUKI GSX1300R HAYABUSAを共に1年くらいで売却しました。

CBR600RRとGSX1300Rを1年で売却

HONDA CBR600RRの売却は、売ってもっと大きなバイクに乗りたかった為。買い替えの候補はKAWASAKI Ninja ZX-14RかSUZUKI GSX1300R HAYABUSAの二台。でも、どちらかというとKAWASAKIが欲しかったのですが予算的に不可能だった為、隼にきめました。

CBRは始めてサーキット走った愛機でしたし、普通にツーリングにも行ったりと期間の割りに一番色々な所に行った相棒でした。県内の道の駅は半分くらい制覇しました。なので、手放したときは一週間くらい寂しかったのを覚えています。

その隼もまもなく売却。二度目の売却は何の不安も無くサクッと売りました。隼はとにかくデカくて重くて手に余るバイクで、CBRでもしなかった立ちゴケをしてしまい売る気になりました。

バイクワンとバイクボーイの2社を同じ日時に呼んで同時査定してもらう

HONDA CBR600RRの売却のときはバイクの売却方法を知らなかったのでネットで検索した結果、複数の買取店で見積もりをして貰ったほうが良いとの事なので、複数店に一括送信できるシステムで試してみました。

相手先からはメールでなく必ず電話が掛かってきて見積もりに伺える都合のよい日を聞いてきます。

私の場合はたまたま電話で『バイクワン』さんの訪問日時を決めたあとすぐに掛かってきた『バイクボーイ』さんからアドバイスを受け「1社ずつ会うより複数の買取店を一度に呼んで査定額を競わせたほうが高く売れますよ」というのでバイクワンとバイクボーイの2社を同じ日時に呼んで査定をしてもらいました

先に掛けてきた買取店バイクワンさんには別の買取店が見積もりに来ることを知らせていなかったので不安でした。

同時査定は断られることも。バイク王は拒否でした

結果として査定に来たのはバイクワンとバイクボーイの二社で、他の買取店は他社が来ると言うだけで向こうから断ってきました。テレビのCMで有名な『バイク王』さんなどはネットの簡易見積もりも低い額だったし他社が来ることを告げると「別の日にちで伺わせてください」と、同日査定を嫌がってきました

それなので、二社が顔を合わせたとたん言い争いになったら嫌だなと思っていましたが、それは私の取り越し苦労で、相手はいつもの事とといった感じで和やかに始まりました。

「買取の査定方法を決めてください」と言われ、何のことか聞いてみると、二社で金額を釣上げて競わせるか一発提示で私が勝敗を決めるかと言うことだったので、競う振りして談合まがいのことをされても分からないので一発査定にしてもらいました。

同時査定ではネットでの買取最高額より10万円近く高く売れた

ネット上では86万円が買い取り最高額となっていたのですが、95万円で買い取っていただきました。

お金は現金でその場で渡されます。書類に判を押すとあっという間にバイクを車に積み込んで行ってしまったので見送るも何も最後の姿をじっくり見ることも出来ませんでした。

バイクを売る際は必ず複数の買取店に同時に来てもらって査定してもらうほうが高く売れます。テレビのバイク買取業者は宣伝にお金をかけている分、利益を出す為に買い叩いてくるのでやめたほうが良いと思います。

売る前にバイクはピカピカにしておくことと、転倒歴があるなら正直に言うこと。隠しても相手はプロですからバレますよ。現にCBRの売却の際、「これ一回もコカしてないですね。普通は立ちゴケを入れて一度はコカしてますからね」と言っていました。