車やバイクの保険といえば、少し前までは購入したお店で代理店契約か共済組合系が主流でした。そこには必ずセールスマンの存在があり、場合によっては執拗な勧誘も時にはありました。

セールス勧誘が苦手な方に最適なインターネット見積もり

何かと特約などを付加させようとするセールスマンがいたことも事実としてありますし、過大な補償内容での契約を勧めることも極まれに見られました。

こういった背景とインターネットの普及、外資系資本の参入によって近年ではネットでの見積もりや契約が急速に伸びています。

何といっても直接の対面が無いぶん気軽に申し込むことが出来ますし、対人折衝による煩わしさがありません。

インターネットの普及によりパソコンがなくてもスマートホンからパソコンと同様の事が出来るようになりました。端末を持って移動出来ることやカメラを備えていることを考えると、パソコンよりも重宝される部分もあります。

このような環境化においては、簡単にスピーディに保険の見積もりが可能となっています。

用意する書類は難しいものはない

バイク保険の見積もりに必要な書類として、どこの保険会社であろうと必要なものというのがあります。

バイクの車体番号等が解かる書類がまずは必要であり、これには標識交付証明書なるものが該当します。

250CCより大きいバイクの場合ですと車検証があるはずですから、そちらも必要書類となります。

当然のことながら免許証も必要となってきますし、自賠責保険の証明書も必要な書類となります。

そのほかとして、保険会社によったり保険内容により用意する書類に違いが出てくることがあります。

現在任意でバイク保険に加入している方で乗り換えを検討している方であれば、現在の保険証書が必要となるでしょう。

保険料率の算定には各種要素がありますので、現在の積算走行距離数が必要な場合もあります。

バイク保険の場合、排気量によって上限設定されているところもあります。

家族のバイクで見積もりをしてみるといった時には事前の確認が必要ですね。

バイク保険に入っている人の声は?口コミや評判について

バイク保険に入っていると入っていない人の差はどこにあるのでしょうか。現在未加入の人にとって、入っている人は入ったことに関してどのように思っているのか気になるところです。

保険に入って良かったと思うこと

  • バイクに任意保険があることを知らなかったが、息子がバイクを購入したのを機に知り半ば強制的に加入させたが、これで万が一の時の備えが出来たので安心していられる。
  • 通勤手段を車からバイクに変えた時に初めてバイク保険に加入したが、車通勤以上に緊張するため保険に加入して良かったと思う。
  • 外国にくらべバイクの台数が少ない日本だが、バイクで混雑する区域があるため人身と対物、搭乗者保険なしでの運転は考えられないと思った。
  • 以前任意保険に入らずバイクに乗っていた時は保険に入ったら、その安心感から運転に無茶が出たりするのではないかと思っていたが、保険加入後は事故により保険料が上がらないようにと考えるようになり運転により注意するようになった。

一度入ってしまうと保険なしは考えられない

  • 保険に加入してからは更新のたびに加入に対して思案することが無くなり、入っていて当然と思うようになった。
  • すれ違うバイクや追い越していくバイクの無茶な運転を見ると、あの人はちゃんと保険に入っているのだろうかと思うようになった。
  • 知り合いがバイクで軽い事故を起こしてしまったのだが任意保険に入っておらず、事故そのものは大したことは無いのだがバイクは転倒する乗り物のため、かなりの額の修理費が掛かった。
  • 自転車と接触するとう事故を起こしてしまい保険を使ったのだが、自賠責保険では自転車の損害を補償出来ないため任意保険に入っていて良かったと思った。

このように保険に入っている方はバイクに乗る限り保険には加入するでしょう。

転ばぬ先の杖という言葉がありますが転んでしまった時に起き上がるための重要な役目を保険は持っています。今現在バイクに乗っていて任意保険に加入していない方は検討してみることをお勧めします。