初めてバイクを売るという方は「何か特別な手続きが必要なの?」と思うかもしれません。廃車手続きや名義変更等のようにいろいろ面倒な手続きをたくさんしなければいけないイメージがあるかもしれません。でもバイクを売るときの手続きはそんなに大変なものではありません。

バイクを売る時になんとなく「友達に売るほうが楽」なイメージを持っている人もいるかもしれませんが、業者なら役所関係の書類もやってくれるし、ちゃんとした業者なら「なかなかお金を払ってくれない」「名義変更してなかった」なんて面倒なこともありません。

また、友達だとなんとなく「高く売るのは悪いな」という気になったり遠慮して安くしてしまうかもしれませんが、業者ならそんなこともないので、実際は友達に売るよりも楽なことのほうが多いですよ。

買取業者にバイクを売るときには実際にどんなことをする必要があるのか、査定の申し込みから売る契約をして引き渡しまで、中古バイク買取時の手続きについて解説をしていきましょう。

買取業者に売るなら役所や陸運局へ行く必要はありません

中古バイクを友達に売るなどの場合は名義変更や廃車手続き、保険の手続きなどいろいろ面倒な手続きを自分たちでしなければいけませんが、買取業者に売却するならそれらの書類の手続きは買取業者が代わりに行ってくれます。

自分がする必要がある手続きは「申し込み」と「売却契約」の手続きだけです。査定場所を自宅の駐車場にすればどこにも行かずに済んでしまいます。

自分でやることは車検証や自賠責の保険証、身分証や印鑑などの売買の手続きに必要なものを用意しておき、バイクの買取業者が用意してくれた書類に記入することだけです。

実際には手続きと言うほど大それたことを求められない、と考えてもよいです。バイクを売る時も普通にバイクを買ったときの感覚で買取の手続きを進められます。

まずは査定の申し込み

中古バイク買取の申し込みについては、そのために特別な手続きを求められるものではありません。査定の申し込みをすればよいだけのことです。

インターネットや電話で申込む場合が多いです。査定の申し込みをすれば電話やメール等で買取業者から連絡が来るので、査定の日取りを決めて実際の買取価格がどのくらいになるかを見ても

らいます。買取価格を高めるために交渉をしたいという人はこの査定のときにできます。

また、必要な書類に関しての説明がありますから、それに応じて車検証や自賠責保険証などの書類を用意しておきます。

既にあるはずの書類なので、買取のために書類を作成する必要はありません。(車検証など必要な書類を無くしてしまった場合は再発行などの手続きは必要です)

査定して売らないというのもOKです

中古バイクの買取の査定を申し込んだからと言って、必ず売らなければいけないわけではありません。

提示された買取価格に不満があれば売却しなければよいだけのことです。

売却契約の手続きも大したものではない

売りたい中古バイクを買取業者に査定してもらい、査定額に納得できたら成約となります。

売却契約の手続きは、書類にサインをして印鑑を押すだけですから、特別なことを行うものでもありません。バイクを買ったときとそんなに変わりません。

成約となれば名義変更または廃車手続きといった書類手続きを買取業者に代行してもらいますから、それに必要な書類を提出します。

申し込み時に説明された必要な書類は、この際に提出するものです。

バイクを売るときの買取手続きの流れのまとめ

1.査定の申し込み(ネットや電話で申し込み)
2.査定日と場所を決める
3.査定をする
4.契約をする(必要書類の記入と提出)

簡単ですね。中古バイク買取の手続きで実際に自分で行うことになるのは、申し込みと売却契約の手続きです。

名義変更や廃車手続きといった役所に提出する書類手続きは、契約の際に記入して渡せば買取業者が代行してくれます。

何となく友達に売るほうが楽なイメージを持っている人もいるかもしれませんが、役所関係の書類もやってくれるし、ちゃんとした業者なら「なかなかお金を払ってくれない」「名義変更してなかった」なんて面倒なこともありません。